エアコン編

なぜエアコンクリーニングが必要なのか?

大きく分けて「3つの理由」に分けられます。

画像の説明

内部に潜む「カビ」

エアコンクリーニング最大の理由と言っても過言ではない「カビ」の除去。
抵抗力の弱いお子様やお年寄りには、カビがかなりの健康被害・アレルギーをもたらす事もあります。

・人間にアレルギーを起こす原因

アレルゲンと呼ばれる異物が体内に侵入し、それを排除しようとして体が免疫反応しますが、その際作られる抗体という物質が免疫とアレルギーとなり、これが人の体内で異常を引き起こすと言われております。

・アレルゲンの種類

・吸入性アレルゲン:ハウスダスト(ダニの死骸等)やカビ、花粉、動物の毛やフケ等
・食品性アレルゲン:牛乳、卵、カニ、エビ、大豆等
・薬物性アレルゲン:医薬品、食品添加物、化粧品等

このうち、吸入性アレルゲンは、エアコンの中に多く存在しています。

・なぜカビが生えるのか?

エアコン内部は結露により水分が付きやすい状態となっていて、カビのエサ(ホコリやダニの死骸)も豊富にあるため恰好のすみかになってしまいます。また、エアコン内部にカビが発生したり、ホコリやダニの死骸が熱交換器(アルミフィン)に入り込んだ状態を放っておくとエアコンのスイッチを入れた瞬間にカビやホコリが風に乗って部屋全体に撒き散らされます。使い始めの臭いの原因はこれです。エアコンを使うたびに部屋全体にカビの胞子が降り注いでしまいます。

節電に繋がる

テレビやラジオで震災による電力供給量の減少により一時期、節電対策が注目をされていました。
中でも、エアコンの使い方が取り上げられていました。その方法として、「設定温度を上げる」、「一か所に集まって使用する」と並行してこの「エアコンクリーニング」が扱われてきたのも現実です。

・なぜ、節電に繋がるのか?

エアコン内部(熱交換器)が汚れると、空気の吸い込み量が減り、奪える熱の量も減ってしまうためです。つまり、空気の循環機能が著しく低下して消費電力も大幅に上がる
ことになります。

エアコン自体の寿命

節電の所でも申し上げたように、汚れはエアコン本来の性能を妨げるため色々な所で過剰な負荷がかかってしまい、部品それぞれを傷めてしまいます。
例えば、風が出てくるファンに付着した汚れのため、ファン自体が重くなり、モーターへの負担を大きくしてしまいます。それが原因で回転のバランスが崩れてしまいます。
また、汚れが排水ホースに詰まり水漏れを起こすこともあります。
そうなると、電装部分に水が入り込みショートする危険性もあります。

この3つを解決するのがエアコンクリーニングになります。

[check]1、2年に1度のクリーニングを推奨しています

消臭抗菌コートとは?

エアコン洗浄後にアルミフィン(熱交換器)やドレンパン(水を受けるお皿)等に散布します。
当社は【横浜樹脂社製 防カビ抗菌コートPLUS】を使用しています。
住宅環境で検出頻度の高い60菌種を含む71菌種に対して効果が1年間持続します(メーカー調べ)
湿気の多いお風呂場のカビ防止にも使用されるものなのでカビの繁殖を強力に抑制し臭いの発生を防ぎます。